テンプレート内でGoogle AdSenseの一般的に効果の高い最適な広告位置

Google AdSenseの広告位置およびその具体的なカスタム方法です。当サイト作者が作成した次の2カラム版テンプレートについてです。

概要

  1. 基本戦略は、サイズの大きな広告見られやすい位置に配置することです。

  2. 一般論を述べています。このページに記載した内容を実行したからといって、必ずしも収益が増加するとは限りません。よって、作者は一切の責任を負いかねます。

  3. 画像転載元:© Inside Adsense - 日本語: 最適な広告位置 1 - 一般的に効果の高い配置

130412ads-1.png

メリット

  1. 広告収入が増加すれば、ブログ管理者のモチベーションが上がり、より良い記事の作成が期待でき、結果として読者の目的が達成しやすくなります。風が吹けば桶屋が儲かるです。三方良しです。

  2. Google AdSense 公式ブログに記載されている内容を愚直に実行します。スポンサーを欺く手法ではないので、突然の広告配信停止などはなさそうです。ただし、スポンサーの不利益になりそうな際どいことなどをすれば、この限りではありません。

  3. なんとなくサイズや位置を決めていた時よりも、統計に基づいて戦略的に広告配置している私って素敵!と自己満足できるかもしれません。

テンプレートのHTMLを編集

2013年4月12日現在当ブログで配置している3ヶ所の具体例を載せます。よって、3カラム版のテンプレートをご利用の場合、適宜調整していただければと思います

ヘッダー内

  1. ヘッダー内にビッグバナー(728x90)を追加します。次のコメントアウトを探します。下図で反転している部分です。

    <!-- ▼▼▼ ページ上部のナビゲーション 開始 ▼▼▼ -->
    130412ads-8.png
    130412ads-2.png
  2. 上記コメントアウトの上に、次のコードを追加します。下図で反転している部分が追加後です。(ここにコード追加)をご自身のAdSenseコードに変更します。

    <div id="ads"><!--■■■ ads ■■■-->
    
    (ここにコード追加)
    
    </div><!--/■■■ ads ■■■-->
    130412ads-3.png

記事エリア下部

  1. 記事エリア下部にレクタングル(中)(300x250)を追加します。次のコメントアウトを探します。下図で反転している部分です。

    <!-- ▲▲▲ コメント編集画面 終了 ▲▲▲ -->
    130412ads-9.png
    130412ads-4.png
  2. 上記コメントアウトの2行程度下に、次のコードを追加します。下図で反転している部分が追加後です。(ここにコード追加)をご自身のAdSenseコードに変更します。なお、上記ビッグバナーを挿入するコードと一見同じに見えますが、idが異なります。また追加するAdSenseコードも異なります。

    <div id="ads2"><!--■■■ ads ■■■-->
    
    (ここにコード追加)
    
    </div><!--/■■■ ads ■■■-->
    130412ads-5.png
  3. どうせならレクタングル(大)が大きくて良さそうですが、傾向としてレクタングル(中)の方が在庫が多くありクリック単価が高くなりやすいとのことです。当方が実際に検証したデータではありませんが、Googleから記事エリア下部のレクタングル(大)をレクタングル(中)にした方が収益の上がる可能性が高いと何度かメールが来ました。サイトによって一概には言えませんので、ご自身でいろいろ検証いただければと思います。

  4. 上記挿入場所は「関連記事」の下になるので、fc2変数を使って条件分岐し、記事ページでは「関連記事」の上に広告が表示されるようにしてもいいかもしれません。

サイドバー最上部

  1. サイドバー最上部にスカイスクレイパー(大)(300x600)を追加します。次のコードを探します。下図で反転している部分です。

    <div id="primary">
    130412ads-10.png
    130412ads-6.png
  2. 上記コードの下に、次のコードを追加します。下図で反転している部分が追加後です。(ここにコード追加)をご自身のAdSenseコードに変更します。この挿入コードも上記2つとidが異なります。

    <div id="ads3"><!--■■■ ads ■■■-->
    
    (ここにコード追加)
    
    </div><!--/■■■ ads ■■■-->
    130412ads-7.png
  3. テンプレートのHTMLを編集しなくても、プラグインとしてAdSenseコードを追加する方法もあります。こちらの方が手軽かもしれません。その際はサイドバー横幅などを適宜調整します。

  4. 今のところ、クリック単価はスカイスクレイパー(大)よりもレクタングル(中)の方がいいかもしれません。スカイスクレイパー(大)は2012年11月に導入されたサイズであるためか、まだそんなに使われておらずレクタングル(中)ほど出稿されていないようです。

  5. 以上で、広告コード挿入は完了です。

便利機能ボタンをカスタム

  1. 当テンプレートでは、読者さんの操作でヘッダーやサイドバーを非表示にできる機能(☯)があります。この機能を無効にしておきたい場合、HTML編集下部にある 定義追加用スペース3 に次のコードを追加します。

    var yinyang_use='';

テンプレートのCSSを編集

  1. 次のコードを探します。eyecatcherシリーズでは、デフォルトのコードはないのでこの項目は飛ばします。

    /*横幅*/
    #page              {width:958px;}/*ページ全体*/
     #content          {width:660px;}/*記事*/
     #sidebar,
      #tbox,
       #tbox-boxes div {width:273px;}/*サイドバーとタブボックス*/
       #tbox-tabs li   {width:38px;} /*タブボックスのタブ*/
  2. 次のコードに変更します。eyecatcherシリーズでは、任意の場所に追加します。

    /*横幅*/
    #page              {width:982px;}/*ページ全体*/
     #content          {width:660px;}/*記事*/
      #sidebar,
      #tbox,
       #tbox-boxes div {width:308px;}/*サイドバーとタブボックス*/
       #tbox-tabs li   {width:43px;} /*タブボックスのタブ*/
    
    /*ads*/
    #ads{height:90px;}
    #ads2{height:250px;}
    #ads,#ads2{padding-bottom:14px;text-align:center;}
    #ads3{height:600px;}
  3. heightで高さを設定している理由は、ヘッダーやサイドバーにGoogle adsenseなど追加時の追尾ボックス挙動を適切に保つためです。

  4. 上記コード内で下から2行目にある text-align:center; を削除すれば、広告の中央寄せが左寄せになります。centerright に変更すれば右寄せになります。

このページに関して

  1. 予告なく変更する場合があります。

  2. このページに限りませんが、記載内容の正確性は保証いたしかねます。

  3. 今後のテンプレート改訂時には上記説明と相違があるかもしれません。ご了承願います。

  4. 作者覚書:記事作成開始から公開までの所要時間、4/11に1時間、本日4/12に2時間半。

他サイトの参考になるページへのリンクです。日付は各ページの公開日もしくは最終更新日です(このページの公開日現在)。ありがとうございます。

以上です。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)