記事の投稿時間を非表示 → bodyにno-entry-time

記事の投稿時間をbodyにクラスを付加するだけで非表示にする方法です。当サイト作者が作成したcustomtemplate と customtemplate-3c (ver1.5.0)についてです。

メリット

  1. クラスの付け替えだけで、表示/非表示を切り替えられます。

    130301v150modified-3.png
  2. 気が変わって投稿時間を表示したくなれば、付加したクラスを削除するだけです。

body にクラス no-entry-time を付加

  1. body にクラス no-entry-time を付加するだけです。

  2. 記事内の投稿時間だけでなく、グローバルナビゲーションやtbox内の投稿時間も非表示になります。

今後のテンプレート改訂時には

  1. 相違があるかもしれません。ご了承願います。

以上です。

関連記事
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
スポンサードリンク
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)